開催レポート, 読書会

嫌われたくないと思うのは、実は自己中な証拠⁈

昨日の読書会の開催レポートを書きました!

こちら

本や対話の中での気づきや参加者さんのコメントを紹介しています。

嫌われたくない心理の話から、どうして大谷選手の話題が出て来たかも簡単に書いたので、よかったら、ご覧ください!

◆実は私自身読み切っていない本を使いました!

告白しますと、私は「嫌われる勇気」を前回いつ読んだか思い出せません。残り2冊も読み切っていない本でした。

ファシリテーターなのにこんなのでいいのかと思っちゃいますね。

でもこんなんでもOKなのが、RFA読書会の魅力の1つ。

本を読み込むことが目的の読書会ではないので問題なしです。むしろ、読み込んでいないからこそ、熟読した本じゃないのに90分でこんなに発見があるのかと、感動が倍増した気分。

RFA読書会は、あくまで、自分が知りたいことを本から学び、行動に移すことが目的です。全部読まなくてOK。

だから、気軽に参加(開催)できるのが嬉しいです。

◆初めての複数本を用いたワークスタイル

過去2回の読書会は、共通の1つの本を協力して読むスタイルのワークでした。複数本を用いたワークを実践するのは初めて!

うまくいくのかドキドキでした。

が、結果、

全員同じ本を読まなくても、テーマが共通していたらダイアログ(対話)が盛り上がることがわかりました!

すごーい!

こんなワークの方法を考えた人すごい

質問を作る段階ではバラバラのように感じていた内容も、答えを探してダイアログ(=対話)をしてみると、共通点が見つかってくるんです。

面白いくらい。

興味関心ごとが近い人が実際に顔を合わせて、話をするからこそだなと実感。これぞ「読んで、つながる。」

◆嫌われたくないと思うのは、自己中な証拠⁈

嫌われたくないと思うのは、自分に意識が向いているから。周りを気にしすぎている=周りに意識がいっているわけではない、とアドラー。そうなのか⁈

他人のことを考える

他人のために必死に取り組む

他人のためになる目標がある

と、自分の意識は、自分の中から周りへと向き、嫌われたくないという囚われた概念から解放されるようです。

だから、目標を持とう!

というポジティブな考えを、参加者さんとみんなで共感・共有しました!

最初はどうなるかと思っていたけれど、最後は素敵なアイディアに辿り着いて、楽しかったです。

参加していただいた皆様、ありがとうございました!!

ファシリテートの方法も、次に活かしたい気づきがあったので、次試してみます

次回の読書会は、周りの目を気にしないつながりで、をテーマにしてみようと思います。

さてはて、どんな話の展開になるだろうか。未知数だからこそ、ワクワクが募りますね

ほいじゃ、またー!

◆アドラー心理学を知る会・開催レポート

◆名井珈琲商店

本日の店長オススメコーヒーは「モカブレンドB」でした!上品な飲み口で、思わず購入しちゃいました

“嫌われたくないと思うのは、実は自己中な証拠⁈” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中