ことば, オススメの本, 自然, 好きなこと

アラスカと石垣島

ここのところ忙しくて気分が浮き沈みしていましたが、少し気分の波の振れ幅が小さくなってきました。

こんなとき、いつも思い出すことばがあります。写真家・星野道夫さんのことばです。

極北のアラスカに住み、アラスカの写真を撮り続けた故星野道夫さん。数多くの写真集と著書を残しています。

文庫本だと「旅をする木」が私はすき。

写真だと月夜に照らされて川を進むカリブーの写真がすきです。力強さに魅了されます。


◆自然を愛した星野道夫さんのことば

哲学的な内容だけど、アラスカの大自然の情景とともに、ことばがすっと心に入ってくる。シンプルできれいなことば。

(すきな言葉があれば、地味にこつこつノートにまとめています。)


◆思ったこと

自然と同じように、会社もひとの気持ちとは関係なく回っていきます。毎日毎日。それがしんどいときもあるけど、たまに救いになるときもある。

自分の中の気持ちがどんなにしんどくても、いつもと変わらない業務をすることで、しんどいことから気持ちが離れ、頭がリセットされます。自分の殻にこもりきらずに済みます。

あ、意外と私できる、意外とふつうに過ごせるや。ってね。

働いていてよかった。


自然や会社同じように、

自分がどんな状況でも、いつもと変わらずに、笑いかけてくれたり励ましてくれる友達や家族、親しい人・好きな人・気にかけてくれる人がいることもありがたいことだなーと改めて思いました。星野さんのことばを眺めつつ、じんわりと思いました。

私が大好きなみなさま、いつもありがとうございます。

このことばが書かれている本は、こちらのフォトエッセイ集です。シリーズ全5巻。

ラブ・ストーリーMichio’s Northern Dreams2

他のシリーズもまた読みたくなってきました。

ちなみに、この本と出会ったのは、以前住んでいた石垣島にある図書館。ハイビスカスを眺めつつ、アラスカの本を読み耽る‥なんていう面白い時間を楽しんでいました。読書っていいね。

写真は、竹富島のコンドイ浜です。

果てし無く広がる空とどこまでも続く水平線。

やっぱりなんだか自分の悩みが小さく思えてきます。そんなあくせくしても変わらんよ、と空が言ってるみたい。

ぼちぼちがんばります!

ほいじゃ、また。

◆今日の本

おまけ。このシンプルな言葉も好き。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中