オススメの本, 読書会

嫌悪と否定の感情が人の成長を促す!?

こんばんは。一昨日から、6月5日発売したばかりの新刊「読書という荒野」を読んでいます。前回もこの本の紹介をしました。

今日は、全237ページのうち112ページ目まで。まだ半分。私の心が揺れるエッセンスが多い本なので、あまり急ぎすぎず、1つ1つ体に落とし込みながら読んでいます。そんな読み方が似合う本だと思う!

112ページ目までで感動した内容が、幻冬舎社長・見城徹さんが提示する「人間が成長するための三種の神器」の話です。力強い言葉が心にぐさりと刺さる。

◆成長するための三種の神器とは?

僕の持論に、「自己検証自己嫌悪自己否定の三つがなければ、人間は進歩しない」というのがある。…この作業は苦しく…しかしこの三つを繰り返した先にしか、人間の成長はないのだ。

見城さんは、この3つを三種の神器と言っています。夏目漱石の『こゝろ』を読み、小説に登場する先生の強烈な罪悪感を目の当たりにして、この概念を実感したそうです。

 

ふむ。

自己嫌悪と自己否定、というネガティブな言葉がはっきりと書かれていることに驚きました。できれば、嫌悪感も否定感も感じずに生活したいと願ってしまう。だって、「あぁ…自分はこんなにダメなんだ」と感じるのは嫌だもん。

でも、そんな甘い気持ちとは裏腹に、ネガティブな感情が前に進む力になることは事実。苦しくても、やるしかない作業。立ち向かうしかない世の中のルールなんだと、私は見城さんの言葉で実感しました。

img_6038

◆2010年大学受験と2014年メンタル立ち直る時

「自己検証、自己嫌悪、自己否定」の三種の神器の効果を体感した自分自身エピソードがあります。

 

ひとつは、大学受験。

高三の春の模擬試験では阪大E判定だった私が、京大に合格できた理由の1つは、自己検証を繰り返ししたからと思います。特に自主勉強の時間が長い夏休みの間に、勉強プランを何度も見直しました。

見直す作業が嫌だったのをよく覚えています。できていない事実が露呈するから。だいたい計画通りにはいかんもんです。でも、逃げちゃだめだ!と言い聞かせて、プラン見直し=自己検証に取り組んだ当時の私、えらかった!

 

もうひとつは、2014年にメンタルを病んでからのこと。→詳しくは。

私は、自分でひとりで精神科に行きました。当時こころの中はぐちゃぐちゃでしたが、このままじゃまずい、とどこか冷静な自分が自己検証していた結果、早く治療に取り掛かれて、回復も早かったと思います。

それ以降の4年間、自己嫌悪と自己否定の感情が、私を苦しめ、私を変わらせてくれました。いまこうしてブログを書いたり、読書会をしているのは、「2014年以前の私のままじゃダメ!」という強い想いがあるからです。精神的に強くなりたい、生きづらさを感じたくない。揺るぎないネガティブな感情が、エネルギー源です。

 

◆自己検証能力を高めるために身をよじる

ふたたび、本文より引用。

苦しいほうに身をよじり、自己検証能力を磨け

身をよじり、という言葉がぐさりとくる。よじる。本当は嫌だとしても、乗り越えるしかない。身をよじってでも乗り越えるしかない。

しばし本から目を離し、私は身をよじるほどの努力をしているか?と顧みます。…読書会の準備、もっとやれることたくさんあるな。がんばります!

ウミガメ

◆読書と自己検証と他者への想像力

最後に、読書と自己検証の関係についての文章を紹介します。私が一番共感したところです。

(本文 第1章より)

人間は一つの人生しか生きられないが、読書をすれば無数の人生を体感できる。理想を掲げて散っていく主人公に心を通わせる。そうすることで社会の中での自分を客観的に見ることができる。…つまり「自己検証能力」が高まるのだ。人間は多様で、さまざまな価値観を持つ。そうした他者への想像力を持たない者に、成長も達成もない。

自己検証と想像力。言い換えてみると、気づく力発想力。

私が読書会かんたね会で大事にしたいことです。それに私自身、気づく力と発想力を鍛えて、成長して、周りに優しく、自分に強くなりたい!と常々思っております。うん。キーワードに出会えた気分。


あぁ、この本面白いです。読んでいて、ゾクゾクします。

新刊の話題書なので、ぜひ本屋さんで手にしてみてください。オススメです。

 

まだ半分しか読んでいないので、またこの本のネタを書けたらば。乞うご期待!なんてね。

 

ほいじゃ、また。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中