わたくしごと, オススメの本, 読書会

小さな決意表明。王道ではない道を。

いつか絵本や童話を題材にして、Read For Action(RFA)の読書会がしたい。RFAらしく、明日からの行動が変わる発見や感動を得られる読書会を、絵本を使ってやりたい。

水曜日に参加した絵本イベントで頭が活性化されました。そのままの熱量で、私の小さな決意表明を書きます。

◆RFA読書会の王道とは

Read For Actionは、私がファシリテーター養成講座を受けた読書会の一般社団法人です。全国各地でさまざまなテーマの読書会が開催されています。開催情報をチェック

RFA読書会でよくテーマとして使われる本は、ビジネス書などの分厚い本・難しい本。

というのも、RFA読書会の特徴がこちら。

《RFA読書会の醍醐味》

  1. 難しい本でも、短時間で内容を理解できる
  2. 行動が変わる気づきを得られる
  3. 他の人との対話を通じて、新たな気づきを得られる

そのため、本の内容理解に役立つ目次がある本や、新たな知恵を得やすいメッセージ性の強い本がRFA読書会向きなのです。

でも、私は絵本や童話が好き。お世話にもなっている。

絵本・童話がRFA読書会向きの本じゃないのは、わかった。

でも、出来ないことはないはず!

と、養成講座を受けながら、生意気に思っていました。

◆大人になってから物語にハマる

私は、気分が落ち込んだときや迷っているときに、絵本や童話からたくさんのメッセージをもらって、勇気付けられてきました。

私が好きな物語はこちら。

  1. 『モモ』ミヒャエル・エンデ
  2. 『はてしない物語』ミヒャエル・エンデ
  3. 『アルケミスト』パウロ・コエーリョ
  4. 『星の王子さま』サン=テグジュペリ

モモは中学生以来何度も読んでいて、他の3冊は、大学生になってから読んだ物語。20歳超えた私でも感動しました。

この4冊は、柔らかい題名とは裏腹に、示唆に富むストーリーばかりです。たとえば、考えさせられた内容をまとめるとこんな感じ。

  1. 時間に追われる世の中
  2. 虚無感が覆う世界
  3. 夢を追う少年の波乱
  4. 目に見えない大事なこと

物語といえど、結構バカにならんくて。

面白いもんなんです。自分の生活や考え方をを見直すきっかけになります。

シンプルだからこそ、物語だからこそ、より胸に迫る言葉が並ぶけん、悩める大人こそ、物語を読むのはありだなと思います!

イライラしたときにアロマを炊いたり、半身浴をするのと同じように、

気分が落ち込んだときに、絵本や童話を開く習慣が広まったらいいのにな!

私の理想です。

絵本作家でも、保育士でも、母でもないけど。ただ物語が好きなだけなんだけど。

でも、自分の小さな理想に向かってがんばるもんねー!笑

◆哲学的な物語

絵本ならこれが好きです。

神戸の古本屋さんで出会った一冊。

まんまるになれるよう“ぼく”のカケラを探す旅をする物語。どんなカケラがいいのか?

裏側には、カケラくん。

◆つまるところ。

私が好きな物語の魅力を共有したいんです。

絵本だって、童話だって、先ほど書いた《RFA読書会の醍醐味》の2と3は当てはまります。

大人の生活にも役立つ視点を得られる!

だから、絵本と童話の読書会、いつか必ずや

りたいな!RFA読書会の王道じゃないけれど何事も挑戦、何事も実験!

参加者の方により感動してもらえるために、

養成講座で習ったワークにどんな工夫をしたらいいか、これから考えていけたば。ワクワク!

↑愛しの我が家のクラシック・プー

いつか絵本か童話をテーマにした開催情報を作るので、そのときはぜひ私の実験にお付き合いくださると嬉しいです。

今日はここまで。小さな決意表明でした!

ほいじゃ、また。

今週末は天気がいい!嬉しや!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中