ことば, プラス面, 好きなこと, 心理

逃げるは恥だが役に立つ

こんにちは!

この前、「逃げるは恥だが役に立つ」って言葉は、ハンガリーのことわざだと教えてもらいました。

知らなかったー!こんな意味を含むんだそうです。

(その1)

自分の戦う場所を選べ

(その2)

今いる環境にしがみつくのではなく、逃げることも選択肢にいれ、自分の得意なことが発揮できる場所に行こう

ドラマがブームになってから、「ニゲハジ、ニゲハジ」と言葉の音しか頭に残っていなかったけど、改めて意味を知ると、こころに刺さります。良い言葉。かっこいい。

◆逃げることもあり!

逃恥のハンガリーのことわざの意味、挑戦的・積極的で、かっこいいです。

自分のいるべき場所を自分で選べ!ってことですもんね。

自分のいるべき場所=自分の得意なことが発揮できること

ふむふむ。

私は、つい全部を全力でやってしまいがちです。手が抜けない。

高校生までは、部活か受験勉強ばかりだったので、目の前に現れる課題を全力でこなしていけばOKでした。馬鹿正直でOK。むしろ、その方がよい成果が出た!今思えば、頭使ってんのか使ってないのかわらかんですね。

でも、社会に出てからは、そうじゃない。選ばなきゃ。

仕事も問題(たとえば人間関係)も、自分の希望とは無関係に、どんどん湧いて出ます。嫌だねー。

高校生までのように、自分で選ばずに、全部を全力でしようとした結果…

  • 何やっているんだろうと無気力感に襲われて、休学一歩手前(2014年 大学4回生)
  • キャパオーバーで休職(2016年 就職1年目)

私はこうなりました…もうこんなことになりたくない!

だから、自分で選ぶことを大事にするようにしました。

迷うけど。悩むけど。でも選ぶ。

自分がやりたいこと、自分が得意なことは何だろう?

迷ったら、相談して、選ぶ。腑に落ちるまで、考えて、選ぶ。

それが逃げる選択でも、恥でも、後悔はないはず!!

私は、まとまりのない道(経歴?)を歩んでいますが、いまのところ後悔はないです。


◆逃げていた資格勉強、でも私が戦うべき場所

さて、ここ数日の私のことに、逃恥をあてはめてみると…

土日で行ってきたキャンプ・ひまわり畑の旅は、仕事のバタバタや日常生活からの逃避行でした。笑

そして、月曜日から資格の勉強をがんばっています!これまで、やらなきゃいけないけど、放置していたんですが…試験勉強は得意な方なので、私ががんばるならこの分野だと、ようやく腑に落ちました。

これまでが嘘のようにやる気が出て来ました。

思いっきり楽しんできたから、エネルギーが充電されたんだな!

  • リフレッシュのための逃避行はOK
  • ストレスの多い状況は、無理して戦うべき場所じゃない、たまには脱走を
  • 資格勉強は逃げちゃダメ
  • 私の得意を活かせる場所ならば

これまで怠けていたので、11月の試験に間に合うかどうか、五分五分、ギリアウトくらいですが、頑張ります。行政書士の勉強は、苦手の極みですが!本当は、すぐに逃げたくなるのですが…(生物学か心理学が好きだよー、読書会のこともやりたいよー)笑

ここが、いま、自分が戦うべき場所、だと心に留めて、頑張ります。

法律や政治の勉強にを、いかに面白いと思えるように心を動かすか。自分と勝負!


ほいじゃ、またー。

自分が戦うべき場所、戦いたい場所、よかったら考えてみてください♪

お盆休み、のんびり過ごせる時間があるならば。風鈴の音を聴きながらでも。

私も、3年後、5年後にどこでどんな仕事をして戦っていたいか、勉強に疲れたら思いを馳せてみようと思います。

逃げても大丈夫。自分の選んだことは、周りの人は意外と尊重してくれるもんです。


※ことわざの意味について参考にしたサイトはこちら  →https://tabippo.net/kotowaza-world/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中