ことば, オススメの本

第一に、人類は信頼によって生きている!

こんにちは。

昨日の夜も今日も、心がザワザワします。数日前の気分が落ちてひどいときは、なんだか生きた心地がしませんでした。呼吸は浅く、表情は硬く…。

そんなとき、好きな本の一節を思い出しました。信頼、大事なことだな。

ー『簡素な生活』より引用ー

まず、第一に、人類は信頼によって生きています。

…世界の堅固さと、世界の知的な整頓とに対する落ち着いた信念は、存在するすべてのもののうちに眠っています。

花や、木や、動物たちは、強い落ち着きと、全き安心とをもって生きています。落ちてくる雨にも、目覚める朝にも、海へ流れる小川にも、信頼の念があります。

存在するすべてのものは、こう言っているかのようです。「わたしは存在する、だからわたくしは存在しなければならない。それにはりっぱな理由の数々があるだ。安心していようではないか。」

この本は、約100年前のフランスの思想家シャルル・ヴァグネルの著書です。

詩的な表現がすてき。古典らしい。

古典らしく、力のある言葉だと思います。

安心していようではないか。

私は、安心して生きている?


われわれのうちに信頼の念を増してくれるものはすべていいのです。なぜなら、静かなエネルギー、落ち着いた行動、人生とみのり多い勤労とに対する愛は、そこから生まれるからです。

‥この信頼をゆるがすものはすべて、悪いものです。それは糧ではありません、毒です。

信頼の念を増してくれるものが、いま、どれだけ私のまわりにある?それらと過ごす時間は、24時間のうちどれだけ?

きっと、信頼を感じる時間が少ないから、心がザワザワするんだなと思います。

毒は、いやですね。デトックスを!


私の信頼を増してくれるもの…(考え中)

やっぱり、もっと自然に触れて過ごしたい。生き物や草花を愛でる時間が、安心します。それに、話が合う人・私を信頼してくれる人・大事にしたい人との時間も増えたらいいな。読書会の時間は、もちろんのことです!


10日間の仕事の繁忙期は、ブラインドも閉まった閉鎖オフィス空間であまり話さず黙々と事務作業です。家に帰ってもほとんど話はなし。そりゃ、やっぱり、よくないな。

人生(日常)とみのりある勤労に愛をもって、過ごせたら、すてきですね!

やさしい人になれそうです。

信頼をつくろう、大切にしよう。ない、ないと嘆かずに、いまあるご縁を膨らませよう。

今日でやっと、1日からの連勤が最後。

がんばります!

ほいじゃ、また。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中