わたくしごと, ライフスタイル, 自然

2019年は暦カレンダーで時を刻む

こんばんは。

年が変わったので、カレンダーのお話。2019年は、二十四節気・七十二候のカレンダーを使おうと思っています。

季節を感じながら、心清らかに、一年を過ごしたい。

https://www.543life.com/season24-72.htmlより引用)

この図は、二十四節気を示しています。

春分、立秋、大寒などは耳にしたことがあるけど、全部で24あるんですね!

(https://www.543life.com/season24-72.htmlより引用)

七十二候は、二十四節気をさらに三分割して季節を表現しています。

うぐいす、桃などの動植物の動きがみえてきます。

こちら、歌こころカレンダー。

私が今年お世話になる予定のカレンダーです!

山口市のわっか屋という素敵な雑貨屋さん(身体に優しい食品もある)で、先月買いました。

細長い短冊型のカレンダーで、

上から…

二十四節気

七十二候

新暦(数字の日にちと曜日)

季節の歌

…と、並んでいます。

歌の雰囲気も好き。

もうすでにお気に入りのカレンダーです!


京都に住んだことがあるからか、観光業に足突っ込んだことがあるからか、日本文化が好きです。日本文化というか日本人らしい感覚か好き。


私は都会生活で、あんまり季節を感じられません。へたっぴなんかな。

気がついたら、季節が変わっている。

紅葉も見に行かなかった…。

オフィスはいつでも同じ。

夏も冬も、同じような湿度と温度設定。

おかげでオフィスの服を、あまり買い足さずに過ごしています。

繁忙期のときなんか、外の空気も吸わず、電気の明るさも変わらず、約12時間こもりっぱなし。

なんの季節なんだか、何時なんだか、カレンダーや時計がないとわかんなくなりそう。

うん…。

健康に…、良いとは思えない…。

ロボットじゃないんだから。

人間だって、自然界の生物だ。


私は、日本人らしく、自然の変化に敏感で、小さいことにも喜びを感じて、時間を過ごしたい!

わ、ふきのとうあるよ!

霞かかる季節になったね、春だねー

とか言いたい。

自然に寄り添って生活するのが、私の理想的なライフスタイルです!

それに、七十二候を知っていたら、ちょっと素敵な大人じゃないですか?

日本人らしく。

オフィスはすぐはどうにもならんので、

まず自分のお部屋から!

大和撫子への道、第一歩!?



とはいったものの、歌こころカレンダー、

よく見たら、

スタートは立春・2月4日からでした!

まだ使えなーーい!

うっかりしておりました。

二十四節気に慣れてない証拠ですな。

お楽しみはお預けで、1ヶ月後からスタートします!

ほいじゃ、またー!



◆二十四節気・七十二候の図を引用した

暦生活 ホームページこちら

◆きれいなサイトです!一見の価値あり

『足元のセンス・オブ・ワンダー』は、私すごく好きな

“2019年は暦カレンダーで時を刻む” への 2 件のフィードバック

  1. 同感です。七十二候、いいですよね。ぼくは昨年夏、古本屋で七十二候の本を買って、今もすぐ手の届くところにおいて、時々見ています。ただ、しっかりと読み込んでいません。実を言うと、昔はいつも「趣味は読書です」と胸を張って言っていたのに、それが、最近は、どうも面倒になって、積読になっています。どうぞ、七十二候について書いてください。

    いいね

    1. 私は、七十二候、今回初めてまじまじとその言葉を眺めています。定期的に、七十二候のこと書きますね!コメントありがとうございます
      追伸:年末休みにここぞとばかりに本を読み漁ろうと思っていましたが、ついごろごろしたり、家族と話したりで、私も積読のままです。でも本は買う、笑

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中