ライフスタイル, 自然

芹乃栄

こんばんは。

芹乃栄。せりすなわちさかう。

2019年のカレンダーでは、今日1月6日が、二十四節気でいう「小寒」の「初候」です。

小寒の初候が、芹乃栄。


二十四節気が、初候・次候・末候の3つに分けれ、七十二候が作られています。

24×3=72。

季節を表す言葉は、春夏秋冬だけじゃない!


◆芹について

芹は、冷たい水でもすくすく育ち、1月〜4月に旬を迎えます。冬が旬。

群生するので、「競り合って」生えることから、「セリ」と名付けられたとか。

セリは、七草粥に入っとりますね!

あと、きりたんぽ鍋には、かかせないらしい!

そう言われれば、冬が旬の植物なんですな。

七十二候を作った人には、

芹がよく育つ季節になったなぁ、冬だなぁ、

といった感覚でしょうか。


【小寒の七十二候(2019年の日にち)】

  • 小寒の初候 = 芹乃栄(1月6日日)
  • 小寒の次候 = 水泉動(1月10日)
  • 小寒の末候 = 雉始雊(1月15日)

上から順に。

  • せりすなわちさかう
  • みずあたたかをふくむ
  • きじはじめてなく

文字を眺めるだけでも、

声に出して読むだけでも、

すぐそばに自然を感じられる気がします。

普段ほとんど目にしない芹が、なんだか身近な存在に思えてきました。

七十二候、やっぱり私の生活に取り入れたいな。


私が持っている暦カレンダーは立春の2月スタートですが、1月のスタートが今日だったので、書いてみました!

明日は、ぜひ七草粥をいただこう。

おやすみなさい。

ほいじゃ、またー!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中