開催レポート, 読書会

【読書会レポ】微生物研究者に問う。モチベーションはどこから?

こんにちは。

遅くなりましたが、先週土曜日にした【マニアック読書会】のレポートを書きます!

テーマの本は『微生物の狩人』。

1600年〜1800年代の微生物研究者13人のヒューマンドラマを書いた本です。

自然科学の研究の話なのですが…読書会のトークでは、無神論者やロマン主義の話にまで話が展開しました!

いや、面白かったなー!

予想だにしない展開でした。マニアックなテーマだからこそかもしれないですね。

ではでは、どうして微生物とロマン主義が繋がっていったのか、ご紹介を。

“【読書会レポ】微生物研究者に問う。モチベーションはどこから?” の続きを読む