未知の世界へ!念願サイエンス読書会スタート

ご無沙汰しておりました。

すっかり日差しが暖かくなりましたね。

2月3月と、ありがたいことに色んなご縁があり、色んなイベントやコミュニティに関わらせてもらっていました。

2月上旬は京都に行ったり。京都、やっぱり好き。

どどっときた沢山のインプットや、テンポ感を上げていた読書会開催や人との会話でのアウトプットに、てんやわんやしておりましたが…

きっと2020年末がより楽しくなっているための修行だと思って、この経験からしっかり学んでおこうと思います!

3月下旬は、4月からの新生活に向けて、準備と見直し期間として、すこしペースダウンして丁寧に時間を使おうと思っています。


さて、久しぶりにblogを書いたのは、

歩きながらニヤニヤするほどの本を衝動買いしてしまったからです!

こちら!

本当は『数の悪魔』を買いに行ったんですが、この本が目に留まってしまいました。

これは、今日買わないとしても、きっといつか買う…

直感です。

強く惹かれた理由は、

  • 紀元前/ルネサンス期/近代古典の科学書がしっかり紹介されている
  • 図解が多い、資料集のよう
  • 厚みがあり読み応え十分
  • 2020年2月20日出版

あぁ、美しい。もはや絵画⁈

この厚みの本を買うのは久しぶりです。

最近、私の中で古典ブームが来ているのです。

本質はなに?

学問の意義は?面白さは?

人生をよりよく生きるには?

根っこの根っこの問いを、考えてみたくなっています。


【学ぶこと】が好きだと最近自覚しました。

中でも、サイエンスが好き。

まだどうして好きか、うまく言えないけど、本屋でも図書館でも自然科学の棚の前はに立つと、静かにテンションが上がります。

ということで、読書会でも、サイエンストピックに限定した読書会を、毎月開催することにしました!

今月は数学。左:推薦本

まずは、数学のテーマから。

好きな分野は、圧倒的に生物なんだけど…

一緒にサイエンス読書会を楽しんでくれる仲間からのリクエストで、数学からスタートとなりました。

『世界を変えた150の科学の本』は、毎回サイエンス読書会のはじめに紹介しようかな笑

うーん、楽しみ!

今週日曜日の幕明けです!

今夜は、この本を読みあさって、この本を枕の横に置いて寝よう笑

ほいじゃ、またー!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中